月別アーカイブ: 2013年11月

◇ 第65回記念毎日書道展 現代日本の書代表作家パリ展Ⅱ

日程2013.10,20~27

10月20日 セントレア空港 出国ーインチョン乗継ーパリ・シャルル・ドゴール

空港 入国

10月21日 世界遺産「モン・サン・ミッシェル修道院」

10月22日「オルセー美術館」ー「ギメ美術館」毎日展現代日本の書パリ展開幕式

※国立ギメ東洋美術館 1876年に、日本・中国・インドなど世界を回った際に収集した重要なコレクションを紹介し開館されました。

「夜のエッフェル塔」ー「セーヌ川クルージング」

10月23日 「モンマルトの丘」ー「シャンゼリゼ通り」

「旧国立図書館」にて「温泉銘」鑑賞

※「温泉銘」中国太宗の行書作品。西安の東方の離宮に建てた温泉銘の碑の拓本。敦煌石窟でフランス人のペリオが発見し、持ち帰りました。今回のパリ展に合わせて特別公開されました。二人ずつ90秒の鑑賞です。

「ザ・ウェスティン・パリ・ヴァンドーム・ホテル、ナポレオンの間」毎日展現代日本の書パリ展祝賀会

10月24日 「ヴェルサイユ宮殿」ー「ロダン美術館」

10月25日 郊外にある「ル・コルビジェ建設のプロムナード、サヴォア邸」ー

「オランジェリー美術館」-「ルーヴル美術館」

10月26日 「カールージュにてパリの街見学」「凱旋門」「シャンゼリゼ通り」

「ポンピドーセンター」など。夜、パリ・シャルル・ドゴール空港 出国 -インチョン乗継ーセントレア空港 帰国。

梶田春陽さんの写真と旅行の行程についてのデータからブログに凍山がアップしました。毎日書道展の65回記念展ということで今回パリ展が行われています。1月13日までということですのでパリ在住の方、旅行で行かれる方は是非ギメ美術館までお越しください。

◇ 第65回記念毎日書道展 現代日本の書代表作家パリ展Ⅰ

◇ パリ・ギメ美術館での展覧会の様子を載せました。

◇太宗皇帝の「温泉銘」特別見学は、23日(水)旧 国立図書館にて、厳重な警戒

のなか、二人ずつ90秒の鑑賞でした。

 

◇祝賀会は、23日19:30~「ザ・ウェスティン パリ ヴァンドーム ホテ

ル」の「ナポレオンの間」で行われました。

 

第65回毎日書道展東海展が始まりました。

第65回毎日書道展が12日から始まりました。前日の11日に登絖社の面々も搬入の手伝いに会場に行きました。今回はトリエンナーレの年ということで会場が普段より狭いというハンディがありました。そのため、公募の部では横作品の4段かけがありました。我々の担当した入賞作品の展示会場も上の方に横作品を展示するということでとても大変な作業でした。結構時間がかかりましたが、すてきな展示になったことと思いますがどうでしょう。 001600010017

登絖社原田凍谷会長の作品。会場の入り口に展示してあります。今回展は当番審査員でした。 0015

第65回道風展

第65回道風展。登絖社は今回も団体では最高の最優秀団体賞を受賞しました。

学生部では原田紗季さんがで最高賞の文部科学大臣賞を受賞しました。その他、条幅、半紙ともたくさんの賞を受賞しました。

一般部では高橋小欄さんが春日井市長賞、 島田香汀さんが愛知県議会議長賞、羽柴苔谷さんが春日井市議会議長賞、梶田春陽さんと南璃秀さんが春日井市観光協会会長賞、後藤紫泉さんが春日井市制70周年記念賞  石崎孔悠さんが春日井市教育委員会賞を受賞しました。

 

0099 IMG_0710 IMG_0713 IMG_0714 IMG_0715 IMG_0716 IMG_0717