第6回登絖社展

第6回登絖社展の会場風景です。今回は日本をイメージした部屋を想定して表装や額を考えて、会場にあった作品を完成させました。また、今回も古典の折帖を展示しました。折帖1冊を臨書するというのは結構大変です。できた臨書の折帖集はレベルの高いものとなり会員全体の臨書能力の高さが伝わるものだと思います。また、今回は登絖社の研究会で作成した木簡も展示しました。実物大ということで細かい作業で神経を使いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です